北欧風のおしゃれなお部屋にするコツは?おすすめの収納棚もご紹介

2020.00.00

コーディネート

share

北欧風インテリアと言えば、広々として洗練された、おしゃれな空間を思い浮かべますよね。でも実際には「限られたスペースと生活に必要なものがあふれ、洗練させるにはどうしたら良いか分からない」という方も多いと思います。
そこで今回は、今住んでいるお部屋を素敵な北欧風のお部屋にするコツと、それに合わせる収納棚をご紹介します。

北欧インテリアとは

北欧インテリアとは、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーという、ヨーロッパの寒い地域で暮らす人々のインテリアやデザイン、暮らしを取り入れたスタイルのことです。冬の寒さは厳しく、夜が長いことで知られる地域のインテリア。家の中は明るく、あたたかみのある雰囲気にすることが特徴です。また、自然と共存するスタイルで、部屋の中には木製のものを多く使用します。次の章で、詳しいポイントをまとめています。

北欧風インテリアのキーワードとして、まず外せないのが「温もり」「あたたかみ」です。1人の部屋でも、人が集まった時にくつろげるような、あたたかい空間をイメージしましょう。
それを表現するには、インテリアグッズの素材、色、柄を利用します。家具やファブリック、小物を選ぶ際には、よりあたたかみのあるほうを選びます。ふわっとした冷たくない質感、柔らかい照明、きれいな色のファブリックなどです。
北欧風のカラーコーディネートは白やグレー、ベージュをベースに、自然界にある色をアクセントにします。例えばアースカラーのブラウンやグリーン、海や空の色であるブルー、太陽のオレンジなどがよく使われます。木の色も大きな効果があるため、木製グッズはたくさん利用しましょう。

北欧風インテリアのキーワードとして、まず外せないのが「温もり」「あたたかみ」です。1人の部屋でも、人が集まった時にくつろげるような、あたたかい空間をイメージしましょう。
それを表現するには、インテリアグッズの素材、色、柄を利用します。家具やファブリック、小物を選ぶ際には、よりあたたかみのあるほうを選びます。ふわっとした冷たくない質感、柔らかい照明、きれいな色のファブリックなどです。
北欧風のカラーコーディネートは白やグレー、ベージュをベースに、自然界にある色をアクセントにします。例えばアースカラーのブラウンやグリーン、海や空の色であるブルー、太陽のオレンジなどがよく使われます。木の色も大きな効果があるため、木製グッズはたくさん利用しましょう。

終わりに

北欧風インテリアは、白い壁や茶色い床、木の家具が多い日本の住宅と、とても相性が良いスタイルです。白系カラーを基調に、木製家具やグッズ、北欧風ファブリックでアクセントをつけ、柔らかい灯りをともせば基本の北欧スタイルが出来上がりです。
そして作り上げた雰囲気を完成させる成功の鍵は、収納にあります。暮らしに使うものを、いかに合理的に、おしゃれに片付けるかがポイント。北欧風にぴったり合うナチュラルなラックが、そのお役に立てば幸いです。

text by

19〇〇年〇〇県生まれ。〇〇県在住。
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

share

記事一覧へ戻る

HISTORY

最近見た商品がありません。